住まいの内覧会.net

内覧会のチェックポイント


お問い合わせはこちら

マンション内覧会チェック

内覧会について

マンションや一戸建て新築住宅をを購入すると、その建物の完成時(物件引渡し前)に購入者によって完成時の検査が行われます。
契約した建物が図面どおりできているかどうか、キッチンやフローリングの色や形状、オプションで追加注文したものの仕様や色など様々なチェック項目があります。
キズや汚れ、出来の悪さなどもチェック項目の対象となります。

 ・図面との照合
 ・施工上の不具合チェック

原則、内覧会のチェック後、OKとなったものに関しては、引渡し後に補修や交換は行ってもらえません。ただし、チェック時に見落とした項目でも明らかに不備や不具合が引渡し前から起きていたものは大抵補修をしてもらえます。

しかし、入居後に不具合を発見した場合、家具などが入り生活している中で大掛かりな補修をすることは、精神的にもとても大変なことです。

引渡し前にチェック、補修工事を終えてスッキリした気持ちで入居を迎えたいところです。

 

マンション内覧会のチェックポイント

■ キズや汚れについて

これには個人差がありますが、ものすごく近くで見ないと分からないようなキズなどは、引越しや、生活していく上ですぐについてしまうものです。マンションも人の手によって造られるものなので、多少の誤差やキズはあります。あまり神経質になりすぎずに、少し離れた位置から全体を見渡して、気になるような部分は補修してもらうようにしましょう。 補修するとかえって跡が目立ってしまうケースや職人さんが入ることで新たなキズが出来てしまうこともありますので、よく検討しましょう。

■ 固定状況を確認する

水道が使用できる場合には、実際に水を流してみるこも大切です。キッチンや洗面所の下には点検口もありますので、業者さんに頼んで外してもらい、水漏れはしていないかどうか、また、水漏れした跡はないかを確認します。

■ 実際に動かしてみる

ドアやサッシ、キッチンや洗面台など、動かせるものは全て動かしてみることです。 図面どおりに施工されていても実際には利用できない引き出しなどもあります。 また、ドアやサッシ、網戸などは調整が行われておらず、重かったり、音がしたり、固定しているビスが抜けていたりすることがあるので、ゆっくり動かしてみる、速く動かしてみるなど、数回動かしてみてください。

浴室に窓がある場合には、収納時のハンガーパイプとあたってしまい、窓が開けられないケースもありますので、実際の生活をイメージしながら動かしてみると良いでしょう。

■ 点検口もチェック

浴室内の天井にも点検口があります。ここを覗いても、専門的な知識がないとどれが不具合なのかは分かりませんが、電気配線や、天井スラブ(コンクリート)、スタッド(下地材)の状況が見た目にきれいかどうかも丁寧に仕事がされたかどうかの判断基準にもなります。

点検口内にカビが発生していたこともありますので、専門知識がなくても一度覗いてみましょう。

 
Copyright(C) ホームドクター株式会社, All Rights Reserved.